看護関連

専門看護師の職務内容

専門看護師とは、あらゆる分野で看護をおこなっている助産師、看護師、保健師の免許のある方を対象にした、医療資格です。特定の医療内容を含んだ実務経験5年以上が最低条件のため、働きはじめたばかりの方や学生の方には少し遠い資格のように感じられるかもしれません。

a0002_010954

専門看護師の仕事は多岐にわたりますが、病院内のスムーズな人間関係を活性化させる、一般看護師では気付かないような、病院の問題点に気付き、改善するように努力することです。若い看護師の育成や研修業務などに参加することも出来るようになるため、単純作業が中心だった看護師のなかには、責任ややりがいのある仕事を任されるようになり、自分に自信がついたという話をしてくれる方もいます。

現在の病院では看護師の人数が需要に対して非常に少なく、個々が問題を抱えたまま、患者さんに対しての診療をおこなっているところがほとんどです。患者さんに対してのケアはもちろんのこと、病院内での看護師同士のケアや悩み事を吸い取る作用のある専門看護師は、現代の医療機関において必要な資格であるといえそうです。

また専門看護師の資格をとると、周りで働いている看護師や医療従事者に良い意味で刺激を与えるということもある様です。日進月歩で医療内容が進んでいる今、看護する側も日々努力をおこなっていくことが大切です。最新の医療や看護内容を身につけ、看護師同士が切磋琢磨しながら前に進んでいくことは、これからの医療を考えるにあたり、とても重要な問題といえそうです。

専門看護師と学校

数年前に日本看護協会が制定した専門看護師という資格は、実務経験5年以上、そして看護師や保健師、助産師の資格を持っていること、そして一定の教育機関の看護勉強をしていることなど、実にハードルの高い資格のひとつです。

専門看護師になるには、それらの一定の条件をクリアしたうえで、1年に1回行われる(最近では11月に多い)専門看護師のテストに望むわけですが、専門看護師の試験内容は、一般的に、かなり難易度が高いと言われています。看護師の専門知識と幅広い応用力が問われることが多いため、独学で勉強することは、実に困難をきわめます。そして、学力もそうですが体調的にも困難になってくる時期もやってきます。そんな時にはコラーゲン ドリンクやその他鉄分等のサプリを食事にプラスして利用することをオススメします。

専門看護師という資格が広まってから、最近では看護学校では専門看護師の資格を取得するための講座を開いているところが多いようです。独学で勉強した場合、専門看護師の幅広い内容を、1人で開拓していくのは非効率なことが多いようです。大学にておこなわれる、専門看護師取得のための講座は、過去の専門看護師の試験内容をあらゆる角度から分析しています。大学では専門看護師の資格をとるために必要な知識を、的を絞って、分かりやすく解説してくれるところが多いようです。

専門看護師の資格をとる方は、看護施設に働きながら取得するという社会人の方が多いため、仕事の空いている時間に効率よく数回の大学講座に参加し、試験対策に費やすという方が多いようです。高い専門性を要する専門看護師の資格。大学の講座などを賢く利用して、専門看護師の試験に余裕で臨みたいものですね。


Copyright (c) 2012 看護・准看護・認定看護・専門看護のことなら All Rights Reserved.

-->